廃棄物の概説|効率良く処理できるガレキ選別の機械を利用しよう

効率良く処理できるガレキ選別の機械を利用しよう

廃棄物の概説

工場

廃棄物の現状を把握

世界には、非常に多くの廃棄物が出ており、その廃棄物は廃棄物処理場という法人または個人などが運営している「施設」で処理されています。廃棄物は、所有者が不要になり、買い取りが付かない「モノ」(放射性廃棄物は除く)で、産業廃棄物と一般廃棄物に分類されます。前者の産業廃棄物は、学校の公的事業や水道事業などの廃棄物処理法で規定された20種類の廃棄物を言います。後者の一般廃棄物とは、段ボールや残飯などの廃棄物処理法で規定されていない廃棄物です。さらに、この二つ以外に、「混合廃棄物」という廃棄物もあって、二つ以上の廃棄物が混合して排出されていることを言います。「混合廃棄物」のメリットとして、一部の産業廃棄物の処理が一般廃棄物の処理施設で行うことができます。

廃棄物の今後を予想しよう

環境にも悪いイメージがある廃棄物処理業ですが、これからの社会経済に必要な産業の一つです。その主な理由として、「インフラ設備の老朽化に伴う産業廃棄物の増加」「2020年の東京オリンピックによる産業廃棄物の増加」などがあります。そのため、廃棄物処理業が活発になり、社会経済に大きな影響を与えます。また、廃棄物処理業は、地球温暖化防止の可能性を秘めています。今後、廃棄物処理業の分野で再生可能エネルギーが発達していけば、世界中の多くのごみを再利用することが出来ます。さらに、混合廃棄物処理の導入により、効率よく処理することが出来るため、一部の無駄な労力が減ります。将来、混合廃棄物処理業および廃棄物処理業がより良い社会の実現に不可欠になるかもしれません。