瓦礫は分別が大事です|効率良く処理できるガレキ選別の機械を利用しよう

効率良く処理できるガレキ選別の機械を利用しよう

瓦礫は分別が大事です

作業員

瓦礫も分別して資源になる

建物を解体すると、たくさんの瓦礫が出ます。コンクリートの建物であれば、当然コンクリート瓦礫が多いのですが、他にも鉄筋屑やガラス片、壁紙などの可燃物、材木片などもたくさんあるでしょう。これらはすべて産業廃棄物として廃棄されるべきものとは限りません。実は環境のため、また資源の再利用のため、有効に活用することが大切です。そしてそのために重要なことが瓦礫選別です。つまり、さまざまな素材の混ざった状態では役に立たない状態でも、選別することで資源として生まれ変わります。たとえば、コンクリート屑ですが、きちんと選別してコンクリートだけを集め、これを粉砕し、粉々にすることで、道路を造るときの材料になります。不純物がなければ、非常に役に立つ資源です。まずは瓦礫選別がどれほど重要であるかを知るべきです。

業者に依頼する際には

瓦礫選別には、人による手作業がどうしても必要です。瓦礫が生じた段階でできるだけ分別して集積し、それを各業者に引き取りに来てもらう方式がよいでしょう。解体現場は非常に危険物もあり、これを手作業で分別というのは危険ではありますが、文字通り手作業だけという意味ではなく、人の判断によって、重機を利用して瓦礫選別していきます。また、コンクリートの中には鉄筋が入っていますが、このコンクリートをわざわざ砕いて中の鉄筋を取り出すということまでは要求されません。ある程度できるところまでは解体業者の方で分別し、そのあと、産業処理業者がそれらの瓦礫をさらに処理して、しっかりと分別していきます。何でもかんでも産業処理業者に任せると非常に非効率的であるだけでなく、反ってエネルギーを消費し、環境衛生のためにならないからです。