効率良く処理できるガレキ選別の機械を利用しよう

瓦礫は分別が大事です

作業員

建物を解体したらたくさんの瓦礫が生じますが、これを分別すれば廃棄物ではなくて資源となります。コンクリートであっても立派な資源に生まれ変わります。そこで大切な瓦礫選別ですが、瓦礫が発生した段階で、まず人の手による分別が必要です。安全には気を付け、重機を用いたりして、まず人の手で瓦礫選別をすべきです。

Read More..

廃棄物の概説

工場

廃棄物は廃棄物処理場に捨てられており、その「施設」は法人または個人が運営しています。廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に分けることができ、それらの二つの廃棄物を混合して処理するものを「混合廃棄物」と言います。「混合廃棄物」は産業廃棄物と一般廃棄物を一度に捨てることが出来るのでかなり効率的です。

Read More..

瓦礫処理は面倒です

男性

ビルが増えた現在社会では瓦礫処理をする産業廃棄物処理の必要性は将来的になくなることはないと思われます。コンクリートは丈夫ですがその反面処理が面倒です。災害時にもこれの処理に困ってしまうようです。この業種は許可制である為誰でも簡単にできるというわけではないようです。

Read More..

選別する方法として

解体工事

ガレキとは、一般的にはある建物の解体現場にてよく発生する物です。その選別の前に処理は、場所の確保も必要になり、大変な作業です。特に大震災の起きた場所において発生したガレキの撤去作業は、大変なもので埋め立てる場所の確保が非常に難しかったといいます。その地区の自治体がいっぱいいっぱいなので、他所の地区や他県に要請し、ガレキの処理の協力を頼むのですが、断られることがよくあります。受け入れ先がないのでどこに持って行けばいいのか分からない状況が続いてしまうのです。ガレキ選別は専用の機械があり、それによって効率よく作業が出来るようになりました。今の時代に合った効率化を求めたガレキ選別などが色んな所で出回っています。

では具体的にガレキ選別がどのように行われているかと言うと、ガレキ選別のための機械が瓦礫の大小を細かく分けてくれるのです。それだけじゃなく、その瓦礫がリサイクルして再利用できるのかを判別するプログラムも施されているというのです。やはり品質もピンからキリまであり、より効率を求めるならより速い速度でガレキ選別が可能な機械もあるので時間の短縮になります。種類としては、中に入れると振動して判別してくれる振動式と筒のような形をしており、その中で回転させると判別する回転式があります。購入だけが選択肢ではなく、レンタルもできるので必要な時だけ借りて使用することができます。便利な物ではありますが、コストがかかりやすいので中古品がお勧めです。